• トップ /
  • 店頭買取のデメリットを補うには

店頭買取のデメリット

店頭買取のデメリットを補うには

店頭買取の利便性は工夫次第

店頭買取のデメリットは、品物を持ち込む輸送が必要になる事です。売却したい品数が多くても自分で運ばなければいけませんし、重量がある品物も自力で運ぶ形になります。輸送中のトラブルは自己責任ですから、高額な品物の売却は難しいでしょう。店頭買取のデメリットを補うには、お店独自のサービスを利用するのが有効です。例えば、品物だけを先に宅配便で送って、売却金の受け取りはお店に訪問して受け取れるお店もあります。お店のサービスは日々進歩しており、より利便性の高い利用方法が提案されています。お店に自力で品物を持ち込むのが難しい場合は、利用を検討する価値が十分にあるでしょう。

店頭にて心を受取、商品を買う

店頭へ買取商品を持ってきてくるお客様は大変です。時に、多く、重いこともあり持っていくのに躊躇してしまうこともあるかもしれません。買取は商品をただ受取、売れるかどうかを判断するだけではありません。そうやって持ってきてくれた人に感謝し、次に別の人でほしい人に役立たせていただくために精一杯商品のケアをします。たとえ、値段がつかない商品でも持ってこようと思った気持ち、時間を取って下さり来店くださったひとに感謝とリサイクル社会への理解に対する敬意を示し、元気で明るく「ありがとがございました。」とお伝えします。持ってきてくださった人がもっと元気になって下さるよう心で受け取らせていただきます。

↑PAGE TOP